FX会社

【JFXの評判】スキャルピングOKで約定率・約定スピードが秀逸

JFX

みなさんは、JFXというFX会社をご存知でしょうか?

JFXは、主要FX会社に比べると少しマイナーな存在かもしれません。

しかし、JFXはFX上級者を中心に多くのFXトレーダーに支持されているFX会社なのです。

そこで今回は、JFXについて詳しく紹介します。JFXのメリットやデメリット・口コミ等について説明していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

JFXのメリット

JFXには、他のFX会社にはないJFX特有のメリットがいくつかあります。この章では、JFX特有のメリットはもちろん、JFXのメリットについて厳選して6つ紹介します。

スキャルピング公認(メリット1)

JFXは、国内FX会社の中では数少ないスキャルピングを公認しているFX会社です。

スキャルピングは、一度に取る利益は少ないですがその分たくさん取引をして利益を積み重ねる取引手法になります。

取引をたくさんすることになるので、FX会社から見るとサーバーに大きな負担がかかるのです。

サーバーに負担がかかると注文や約定に支障をきたしてしまうため、多くの国内FX会社ではスキャルピングを禁止しています。

しかし、JFXは、サーバーの容量が大きいためスキャルピングをしても問題ないと判断し、スキャルピングを公認しているのです。

数あるFX手法の中でも、特に利益が取りやすいと言われているスキャルピングが公認されている事はJFXの大きなメリットでしょう。

超有名FXトレーダー:小林芳彦さんのマーケット解説(メリット2)

JFXの社長は、超有名FXトレーダーの小林芳彦さんです。

小林芳彦さんは、FX会社の社長でありながら現役バリバリのFXトレーダーでもあります。

頻繁にマーケットに関する解説動画を上げていますので、FX取引をする際の大きな参考になるでしょう。

また小林さんは、Twitterを使ってリアルタイムのトレード状況も報告しています。

後付けで報告するトレーダーが多い中、リアルタイムでトレード状況報告している事は信頼に値しますよね。

約定率が高い・約定スピードが速い(メリット3)

最近、多くのFX会社は、スプレッドの狭さをアピールしています。確かにスプレッドが狭い事は余計なコストがかからないことを意味しているので非常に良いことです。

しかし、いくらスプレッドが狭くても約定力が低ければ全く意味がありません。

FX会社の中には、スプレッドは狭いですが、約定力が低く頻繁にスリッページを起こすFX会社もあります。

その点、JFXの約定率は、脅威の99.9%です。しかも、最速0.0001秒のスピード約定なので安心してトレードすることができますね。

MT4が使える(メリット4)

MT4とは、世界で最も利用されているFXのプラットフォームです。

MT4には、様々な機能があるので、自分好みのチャートを表示させることができます。また利用できるテクニカル指標も非常に多いのでテクニカル分析を主に行うFXトレーダーにとってはまさに垂涎のプラットフォームといえるでしょう。

しかし、このMT4ですが残念ながらほとんどの国内FX会社では利用することができません。
世界最大のプラットフォームであるにもかかわらず、MT4は日本製でないためシステム対応ができないようです。(MT4はロシアが開発)

世界中のトレーダーから支持されているMT4を利用することができる事は、JFXの大きなメリットといって良いでしょう。

チャートが秀逸(メリット5)

JFXは、チャートも秀逸です。JFXのチャートの大きな特徴は、将来の為替を予想することができる「未来予測チャート」を利用することができることです。

JFXの未来予測チャートは、過去の膨大な為替の動きから瞬時に未来の為替の値動きを予想します。

未来予測チャートで表示されるチャートは3種類あります。

未来予測チャートの画面に、売買タイミングをシグナルで教えてくれるので簡単に売買にふさわしいトレンドをつかむことが可能なので、FX初心者の方も安心してくださいね。

FX初心者の方でも簡単に未来のチャートを予想することができる未来予測チャートを利用することができる事はJFXの大きなメリットといって良いでしょう。

少額取引ができる(メリット6)

JFXは、1,000通貨単位から取引することができます

多くのFX会社では、取引単位を10,000通貨にしています。

10,000通貨が取引単位だと、利益も大きくなりますがその分損失も大きくなってしまいますので、FX初心者にとっては大きすぎる取引単位といえるでしょう。

FX初心者は、利益を出すことよりもまずは、FX取引に慣れることが非常に重要です。取引単位が大きいと、FX取引に慣れる前に、大きな損失を出してしまい、FX取引から退場せざる得ない状況になってしまうかもしれません。

1,000通貨で取引することができるという事は、FX初心者にとっては特に大きなメリットといえるでしょう。

高度な機能を備えつつ、少額取引もすることができるJFXは、すべてのFXトレーダーのことを考えているといっても良いかもしれませんね。

JFX(FX会社名)のデメリット

JFXは、主要FX会社とはいえないかもしれませんが、主要FX会社にはない様々なメリットがあることがわかっていただけたかと思います。

しかし、様々なメリットがあるJFXにも当然ですがデメリットはあります。デメリットのないサービスなどこの世に存在しません。

JFXの主なデメリットは2つです。

スプレッドが若干広い(デメリット1)

JFXと主要FX会社を比較したスプレッド一覧表になります。

スプレッド一覧 2020年7月時点
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 ポンド/円 ユーロ/米ドル
YJFX! 0.2銭 0.5銭 0.7銭 1.0銭 0.4 pips
DMM FX 0.2銭 0.5銭 0.7銭 1.0銭 0.4 pips
ヒロセ通商 0.2銭 0.5銭 0.7銭 1.0銭 0.4 pips
FXブロードネット 0.2銭 0.5銭 0.6銭 1.5銭 0.3 pips
外為オンライン 1.0銭 2.0銭 3.0銭 3.0銭 1.0 pips
LIGHT FX 0.2銭 0.4銭 0.6銭 0.9銭 0.3pips
みんなのFX 0.2銭 0.4銭 0.6銭 0.9銭 0.3pips
FXTF 0.1銭 0.4銭 0.4銭 0.7銭 0.2pips
インヴァスト証券 0.3銭 0.5銭 0.6銭 1.0銭 0.3pips
セントラル短資FX 0.2銭 0.4銭 0.5銭 0.9銭 0.3pips
アイネット証券 2.0銭 3.0銭 4.0銭 5.0銭 2.0pips
FXプライムbyGMO 0.3銭 0.6銭 0.9銭 1.1銭 0.6pips
JFX 0.3銭 0.5銭 0.7銭 1.0銭 0.4 pips

一覧表を見ていただくとJFXのスプレッドは若干広いことがわかっていただけるかと思います。

スプレッドを重視するFXトレーダーには大きなデメリットになるかもしれませんが、JFXは約定力が非常に高いので一概に大きなデメリットとはいい難いでしょう。

サポート体制が若干脆弱(デメリット2)

JFXのサポート体制は、午前8時から午後8時までになっています。24時間対応しているFX会社が多い中、JFXのサポート体制は若干見劣りしてしまうかもしれません。

FX中上級者にとっては問題ないかもしれませんが、FX初心者の方にとってはもしかすると大きなデメリットになってしまうでしょう。

JFXの評判・口コミ

この章では、JFXの評判・口コミについて説明します。

今までのところでJFXのメリット・デメリットについては理解できたと思いますが、実際に使ってみるとなるとやはり利用者の口コミや評判を知りたいですよね?

そこで今回は、JFXに多い本当の口コミや評判について紹介しますね。

トレードシステムが秀逸(評判・口コミ1)

JFXを、利用して1年が経ちますが、他のFX会社に比べてトレードシステムが非常に良いと感じる。
ほとんどの国内FX会社で利用することができないMT4の利用をすることができるし、未来予測チャートの精度も高いと感じる。

スキャルピング公認なのがありがたい!(評判・口コミ2)

私は、スキャルピングを生業としているスキャルパーです。国内FX会社の中でスキャルピングが公認されている会社は少ないので、それだけでありがたいことですが、約定率が非常に高いので安心してスキャルピングに取り組むことができています。


JFX

JFXが向いている人・向いていない人

この章では、JFXの利用が向いている人・向いていない人について説明します。

JFXは、スキャルピングが公認されておりしかも約定率が高い会社です。また世界最大のFXプラットフォームであるMT4を利用することができるメリットもあります。

向いている人

JFXは、スキャルピングを主に行うトレーダーにはもちろんおすすめのFX会社です。またMT4を利用することができるので、高度なテクニカル分析を行いたい方にも向いているFX会社といって良いでしょう。

向いていない人

JFXは、FX初心者の方にはあまり向いていないかもしれません。

サポートシステムが若干弱いことと、テクニカル指標はたくさん使えますが、FX初心者の方に使いこなす事は難しいかもしれないからです。

ただ1,000通貨単位の少額取引をすることができるので一概にFX初心者全員が向いていないとはいえません。

JFXのQ&A

ここまでのところで、JFXのメリットやデメリット・評判について紹介してきました。
いかがでしたでしょうか?JFXがFXトレードに向いているFX会社であるとご理解いただけたでしょうか?
しかし、まだまだJFXに関する疑問点はたくさんあると思います。
そこで、この章では、JFXに関して、多くの方が疑問に思っていることをQ&Aの形で説明していきます。

JFXのロスカット基準は?

JFXのロスカット基準は証拠金の100%です。ロスカット基準が50%や30%のFX会社もある中、JFXのロスカットラインは、比較的高めといえそうですね

スキャルピングを行っても本当に口座凍結にならないの?

JFXは、スキャルピング公認の会社なので口座凍結になったりする事はありません。
Twitterやインターネットを見てみるとたまに口座凍結になったといった記事を見かけますが、スキャルピングが理由ではないでしょう。ほかに何か違反行為をしているはずです。

JFXの会社概要

会社名 JFX株式会社
設立年月 2005年7月11日
法人URL https://www.jfx.co.jp/
金融庁登録番号 関東財務局長(金商)第238号
所在地 〒104-0041
東京都中央区新富1丁目12番7号 (新富HJビル3F)
顧客サポート 午前8:00~午後8:00(平日)

まとめ

今回は、JFXについて紹介しました。JFXは、独自のメリットがたくさんあるFX会社です。

スキャルピング公認していることやMT4を使えることなど他のFX会社にはないメリットがたくさんあります。

もちろん基本スペックである約定率の高さも大きなメリットの1つです。

サポート体制が若干気になりますが、それでも豊富な機能を使うことができるJFXをメイン口座として利用するメリットは大きいでしょう。

特にテクニカル分析を行いたい方や少額取引で行いたい方にも自信を持っておすすめすることができるFX会社です。

是非、今回の記事を参考にJFXでFX取引をしていただければ幸いです。

-FX会社

© 2020 FX比較おすすめ.com