FX会社

【FXブロードネットの評判】トラッキングトレードなら初心者もOK


FXブロードネット

FXブロードネットは、業界でもトップクラスの狭いスプレッドを提供しており、また、自動売買システム「トラッキングトレード」が注目を集め、近年では口座開設者数が17万を突破しています。

この記事では、FXブロードネットのメリット・デメリットについてご説明するともに、好評の「トラッキングトレード」についても詳しく解説していきます。

FXブロードネットのメリット

FXブロードネットは、狭いスプレッドで取引コストを抑えるとともに、1,000通貨単位の少額取引も可能であるなど、FX初心者から中級・上級者にも満足できる内容となっています。

ここからは、FXブロードネットの4つのメリットについてご説明します。

メリット

  • メリット1:スプレッドが狭く低コスト
  • メリット2:1,000通貨単位の取引が可能
  • メリット3:トラッキングトレードで自動売買ができる
  • メリット4:キャッシュバックキャンペーンを開催中

スプレッドが狭く低コスト(メリット1)

FXブロードネットでは、業界でも最も狭い水準のスプレッドを提供しています。

ここで、FX主要各社のスプレッドを表で比較してみましょう。それぞれの公式サイトで公表されている数値を使用しています。

スプレッド一覧 2020年7月時点
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 ポンド/円 ユーロ/米ドル
YJFX! 0.2銭 0.5銭 0.7銭 1.0銭 0.4 pips
DMM FX 0.2銭 0.5銭 0.7銭 1.0銭 0.4 pips
ヒロセ通商 0.2銭 0.5銭 0.7銭 1.0銭 0.4 pips
FXブロードネット 0.2銭 0.5銭 0.6銭 1.5銭 0.3 pips
外為オンライン 1.0銭 2.0銭 3.0銭 3.0銭 1.0 pips
LIGHT FX 0.2銭 0.4銭 0.6銭 0.9銭 0.3pips
みんなのFX 0.2銭 0.4銭 0.6銭 0.9銭 0.3pips
FXTF 0.1銭 0.4銭 0.4銭 0.7銭 0.2pips
インヴァスト証券 0.3銭 0.5銭 0.6銭 1.0銭 0.3pips
セントラル短資FX 0.2銭 0.4銭 0.5銭 0.9銭 0.3pips
アイネット証券 2.0銭 3.0銭 4.0銭 5.0銭 2.0pips
FXプライムbyGMO 0.3銭 0.6銭 0.9銭 1.1銭 0.6pips
JFX 0.3銭 0.5銭 0.7銭 1.0銭 0.4 pips

このように、FXブロードネットのスプレッドは、ポンド円でやや他社より広い数値となっているものの、他の主要通貨ペアにおいては最も狭い水準にあることが分かります。

また、FXブロードネットでは、午前8:00~翌午前4:00の間が原則固定スプレッドとなっています。これ以外の時間帯についてはスプレッドが拡大することがありますので覚えておきましょう。

1,000通貨単位の取引が可能(メリット2)

FXブロードネットでは、1,000通貨単位の取引ができる「ブロードライトコース」があります。

FXブロードネットには、大きく分けて2つの取引コースがあり、それぞれの内容は次のとおりです。

ブロードコース ブロードライトコース
取引単位 1ロット=10,000通貨
(ただし南アフリカランドは100,000通貨)
1ロット=1,000通貨
(ただし南アフリカランドは10,000通貨)
一注文あたりの最大取引数量 100ロット(1,000,000通貨) 300ロット(300,000通貨)

このように、ブロードライトコースを選択すれば、1,000通貨単位からの小さいサイズの取引をすることができます。

例えば、米ドル円であれば10,000通貨の取引に約5万円程度の証拠金が必要ですが、1,000通貨の取引であれば、必要証拠金は約5千円程度で済みます。

FXを始めたばかりで、少額の取引から始めてみたいという人は、ブロードライトコースを選択するのも良い方法です。取引コースはいつでも追加・変更することが可能です。

トラッキングトレードで自動売買ができる(メリット3)

FXブロードネット

FXブロードネットでは、自動売買システム「トラッキングトレード」を利用することができます

「トラッキングトレード」とは、FXブロードネット独自のシステムです。あらかじめ買う価格と売る価格を決めておくことで、あとは自動的に売買を繰り返すというリピート型注文です。

このリピート型注文は、価格が行ったり来たりを繰り返す回数に応じて、コツコツ利益を積み重ねてくれるシステムです。したがって、レンジ相場(横ばいトレンド)において最も力を発揮します。

初期設定さえ済ませてしまえば、あなたが仕事中でも寝ている間でも、設定したルールどおりに売買を繰り返してくれますので、チャートにずっと張り付いている必要がありません

「トラッキングトレード」を使うには、特別な手続きは必要ありません。取引画面の「トラッキングトレード」>「トラッキングトレード(登録)」へと進み、簡単に設定することができます。

また、FXブロードネットではデモ取引ができるので、トラッキングトレードをデモ取引で体験することももちろん可能です。

FXブロードネットのトラッキングトレードは、「売買のタイミングにいつも悩んでしまう」「FX取引をしてみたいけど、時間や手間はあまりとれない…」という人にもおすすめできるシステムです。

キャッシュバックキャンペーンを開催中(メリット4)

FXブロードネットでは、現在、最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

上記のとおり、4種類のキャッシュバックが用意されていますが、中でも1番目のキャッシュバックについては、「新規口座開設から2カ月以内に20万円を入金し、2ヶ月目末の時点で20万円以上の口座残高が残っていれば、2,000円がキャッシュバックされる」という比較的簡単な条件になっていますので、試してみる価値はあると言えそうです。

こうしたキャッシュバックキャンペーンを最大限に利用して、少しでも証拠金を増やして有利にFX取引をスタートさせましょう。

FXブロードネットのデメリット

一方で、FXブロードネットには3つのデメリットがあります。

デメリット

  • メリット1:スワップポイントが小さい
  • メリット2:金利通貨の取り扱いが少ない
  • メリット3:自動売買に手数料が発生する

以上のデメリットについて、一つ一つ詳しくご説明していきます。

スワップポイントが小さめ(デメリット1)

FXブロードネットのスワップポイントは、他社と比較しても小さい値となっています。次の表では、FX主要各社のスワップポイントについてまとめています。

それぞれ1万通貨/一日当たりの数値であり、2020年7月某日時点のものです。各社の公式サイトで公表している数値を記載しています。

買いスワップの一覧は次のとおりです。

スワップポイント一覧 2020年7月時点
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 トルコリラ円
YJFX! 6円 7円 0円 1円 33円
DMM FX 6円 4円 10円 5円 取扱い無
ヒロセ通商 2円 0円 1円 3円 15円
FXブロードネット 3円 1円 3円 1円 取扱い無
外為オンライン 1円 0円 0円 5円 35円
LIGHT FX 3円 8円 15円 3円 12円
みんなのFX 3円 8円 15円 3円 12円
FXTF 2円 1円 1円 2円 19円
インヴァスト証券 5円 2円 3円 2円 5円
セントラル短資FX 6円 -2円 0円 0円 5円
アイネット証券 8円 8円 6円 5円 30円
FXプライムbyGMO 2円 5円 3円 1円 8円
JFX 2円 0円 1円 5円 26円

このように、FXブロードネットの買いスワップは、他社と比較しても小さい数値です。また、売りスワップについては大きいマイナス値となっています。

FXブロードネットは、スワップ狙いの長期保有には向いていないと言えそうです。

高金利通貨の取り扱いが少ない(デメリット2)

FXブロードネットでは、高金利通貨として人気のトルコリラやメキシコペソを取り扱っていません

FXブロードネットの取引可能な通貨ペアは24種類あり、詳細は次のとおりです。

FXブロードネット・通貨ペア(24種類)

米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、スイスフラン/円、米ドル/カナダドル、ユーロ/豪ドル、ユーロ/カナダドル、ユーロ/スイスフラン、ユーロ/英ポンド、ユーロ/NZドル、ユーロ/米ドル、NZドル/米ドル、米ドル/スイスフラン、英ポンド/豪ドル、英ポンド/スイスフラン、英ポンド/NZドル、英ポンド/米ドル、豪ドル/スイスフラン、豪ドル/NZドル、豪ドル/米ドル、南アフリカランド/円

このように、FXブロードネットでは、南アフリカランド/円の取り扱いはあるものの、トルコリラやメキシコペソの取引はできません。

また、前述したとおり、FXブロードネットでは総じてスワップポイントのレベルは低いので、スワップポイント目的の長期保有トレードをしたい場合は、他社を利用したほうが良いでしょう。

自動売買には手数料がかかる(デメリット3)

FXブロードネットでは、自動売買システムであるトラッキングトレードを使用した場合、取引手数料が発生します(トラッキングトレードを使用しない場合には、取引手数料は発生しません)。

トラッキングトレードの取引手数料の詳細は次のとおりです。

【トラッキングトレード】取引手数料
ブロードコース 1ロット=10,000通貨あたり往復400円(新規取引200円+決済取引200円)
ブロードライトコース 1ロット=1,000通貨あたり往復40円(新規取引20円+決済取引20円)

トラッキングトレードでは、一回の取引ごとにこれらの手数料が発生します。

他のFX会社の中には、自動売買システムを手数料無料としている会社もあるため、少々痛いデメリットとも言えます。

ただし、FXブロードネットでは、現在「トラッキングトレード取引手数料0円キャンペーン」を行っています。

新規口座開設した人を対象に、口座開設日から90日間はトラッキングトレードのすべての手数料が無料になるという内容です。

トラッキングトレードはいつでも設定の変更・取消ができるので、この90日間を最大限に利用して、FXブロードネットのトラッキングトレードを試してみることができます。

FXブロードネットの評判・口コミ

ここまで、FXブロードネットのメリット・デメリットについて詳しくご説明してきました。

ここからは、FXブロードネットの評判・口コミについて、口コミサイトやツイッターなどのSNSなどからピックアップしたものをご紹介していきます。

FXブロードネットの良い口コミ

まずは、FXブロードネットの良い口コミから見てみましょう。

はじめはトラッキングトレードの仕組みが良く分からなかったので、無料のデモ口座で試してみました。売買を繰り返すうちに利益が積み上がってびっくりするとともに、仕組みもよく理解できました。

トラッキングトレード以外はこれといった特徴のないフツーのFX会社だと思っていましたが、ここ数年でスプレッドがかなり狭くなったと感じます。取引ツールも慣れれば使いやすいし、スキャルピングにも向いていると思います。

1,000通貨の取引ができるので口座開設しました。カスタマーサポートも丁寧に対応してくれるし、FX初心者ですが苦労なく使いこなせています。

FXブロードネットでは、近年、スプレッドが大幅に改善され、業界最高水準の狭さに追いついています。

また、FXブロードネットでは、デモトレードを利用することができますし、トラッキングトレードも試すことができます。

他にも1,000通貨単位からの少額取引ができるなど、FX初心者にも使いやすい内容であると言えます。

FXブロードネットの悪い口コミ

一方で、FXブロードネットの悪い口コミも見つかりました。

私はポンド円も取引するのですが、ポンド円のスプレッドだけ異常に広いですね。最近はあまりFXブロードネットを使わなくなりました。

取引ツールは、PC環境によっては正常に作動しないことがあるように思います。個人的には使いにくく、慣れるまで時間がかかりました。

FXブロードネットのスプレッドを見てみると、確かにポンド円だけは他社より広い傾向にあるようです。ポンド円を頻繁に取引する人にとっては気になるデメリットです。

FXブロードネットでは、独自の取引ツールを提供しています。機能性や使いやすさについては、良い評価と悪い評価の両方が見つかりました。


FXブロードネット

FXブロードネットが向いている人・向いていない人

FXブロードネットは、幅広い利用者に対応したFX会社ですが、トレードスタイルによっては、向き・不向きもあります。

ここまでご紹介したFXブロードネットのメリット・デメリットや評判・口コミなどを参考に、FXブロードネットが向いている人・向いていない人を簡単にまとめてみました。

FXブロードネットが向いている人

FXブロードネットが向いている人は、次のような人です。

こんな方に向いている

  • 取引コストをできるだけ安く抑えたい人
  • 自動売買でコツコツ稼ぎたい人
  • デモ取引で自動売買を試してみたい人
  • 1,000通貨単位の少額取引から始めたい初心者の人
  • キャッシュバックをもらってお得にFXを始めたい人

FXブロードネットでは、業界でも最狭水準のスプレッドにより、取引コストを抑えてトレードすることができます。

トラッキングトレードは、「売買のタイミングに悩みたくない」「FXに時間や手間をあまりかけたくない」という人にもおすすめの機能です。

FXブロードネットが向いていない人

一方で、次のような人にはFXブロードネットは向いていません。

こんな方は向いていない

  • スワップポイント狙いの長期トレードをしたい人
  • 高金利通貨を積極的に取引したい人
  • 自動売買で発生する手数料が気になる人

FXブロードネットのスワップポイントは、前述したとおり、他社と比較してもやや小さいものとなっています。

また、自動売買システム「トラッキングトレード」は、現在、手数料0円キャンペーンを開催中です。

FXブロードネットのQ&A

FXブロードネットのQ&Aをまとめました。

デモ取引はできる?

FXブロードネットでは、デモ取引が可能です。
ニックネームとメールアドレスを登録するだけで、無料で利用することができます。もちろん口座開設前でもOKです。

実際に入金することなく、1,000万円の仮想資金を使って、リアルチャートで取引を体験することができます。

デモ取引では、トラッキングトレードを実装することもできます。これからFXを始めたいという人は、FXブロードネットのデモ取引を利用して、実際のトレードに慣れていくことをおすすめします。

FXブロードネットでMT4は使える?

FXブロードネットは、MT4に対応していません。
なお、FXブロードネットでは、独自の取引ツールを提供しており、無料で利用することができます。

取引時間は?

FXブロードネットの取引時間は次のとおりです。

FXブロードネットの基本的な取引時間
冬時間 月曜/AM7:00~土曜/AM6:55
夏時間 月曜/AM7:00~土曜/AM5:55

夏時間とは、3月第2日曜~11月第1日曜の期間を指します。切り替わりの時期が近づくと、FXブロードネットの公式サイトやメールでお知らせがあります。

なお、次の時間帯はメンテナンスのため、一時的に取引ができません。

火曜日~金曜日 土曜日
冬時間 AM6:55~AM7:05 AM6:55~AM12:00
夏時間 AM5:55~AM6:05 AM5:55~AM12:00

手数料はかかる?

FXブロードネットでは、基本的に以下の手数料がすべて無料です(トラッキングトレードを除く)。

  • 取引手数料
  • 入金手数料(クイック入金の場合)
  • 出金手数料
  • 口座開設料
  • 口座管理料
  • 口座維持料

ただし、トラッキングトレードを利用した場合には、一回の取引ごとに取引手数料が発生します。トラッキングトレードの取引手数料の詳細は前述したとおりです。

出金方法は?

FXブロードネットから出金する手順は次のとおりです。

step
1
取引画面にログインする

step
2
コントロール画面の「入出金」>「出金依頼」へ進む

step
3
出金依頼画面が表示されたら「登録」をクリック

step
4
出金したい金額を入力し、「登録実行」>「了解」をクリック

以上で、出金依頼の手続きは完了です。平日17時までに出金依頼をした場合は、翌日から2営業日後までに、登録した金融機関口座に振り込まれます。出金手数料は無料です。

なお、FXブロードネットの最低出金額は5,000円です。ただし、全額出金の場合には、5,000円未満でも出金することができます。

FXブロードネットの会社概要

FXブロードネットは、株式会社FXブロードネットが運営しています。株式会社FXブロードネットの概要は次のとおりです。

会社名 株式会社FXブロードネット
設立年月 1993年9月
法人URL https://www.fxbroadnet.com/company/
金融庁登録番号 関東財務局長(金商)第244号
所在地 〒100-6217
東京都千代田区丸の内1-11-1
顧客サポート 午前9:00~午後5:00
(土曜日、日曜日、インターバンク市場休場日を除く)

株式会社FXブロードネットは1993年に発足し、2007年10月にFXのオンラインサービスである「FXブロードネット」の提供を開始しました。

なお、トレーダーが預け入れた資金は100%信託保全されており、仮に株式会社FXブロードネットが破たんした場合でも、トレーダーの資金は全額が守られ、返還されることになっています。

FXブロードネットの評判まとめ

株式会社FXブロードネットが運営する「FXブロードネット」は、スプレッドが大きく改善され、1,000通貨単位の取引も可能であるなど、トレーダーにとって有利な条件が揃っているFXサービスです。

取引ツールの使いやすさについては賛否両論が見られましたが、デモ口座が無料で提供されていますので、口座開設の前に実際に使ってみることも可能です。

また、好評の自動売買システム「トラッキングトレード」は、他社にはない独自システムです。もちろんデモ取引が可能ですので、一度試してみる価値があると言えるでしょう。

-FX会社

© 2020 FX比較おすすめ.com